12. 内臓転位症

.
.
.

12. 内臓転位症

内蔵疾患の場合からくる腰痛はあまり痛んでる場所がはっきりしないことがある。例えば、腎臓から繋がる神経と腰から繋がる神経は同じ場所を通ってるため、腎臓の痛みを腰の痛みと勘違いする場合がある。腎臓に異変が起こると臓器が腫れ上がる現象が起こる。そのため振動が起こると痛みを感じやすくなるのである。
胃潰瘍・十二指腸潰瘍・癌の骨への転移・ストレス・アルコールの摂取などが原因で腰痛が起こることもある。