あなたにもできる気の治療

「レイキ(靈氣)」とは?

レイキ気を用いた治療法は、古今東西、数多くありますが、「レイキ(靈氣)」と呼ばれる、いわゆる「手当て療法」が有名です。その施術方法は至って簡単で、術者が患者の患部やその関連する箇所、もしくはチャクラ(体にあるエネルギーセンター)数箇所にただ手を当てて置くだけ。しばらくしてから手を離すと、その患部の痛みが緩和、症状の改善が図られているというものです。

「レイキ(靈氣)」の歴史を少し見てみると、
臼井甕男「レイキ(靈氣)」は、「臼井甕男」(ウスイ ミカオ 1865-1926)氏が、1922年に京都の鞍馬山にて断食修行を行なった帰りに偶然見つけ、「心身改善臼井靈氣療法」という名で実践したものです。当時の日本では、10万人以上の使用者がいたと言われています。また「臼井甕男」氏の弟子の一人で、海軍大佐だった林忠次郎「林忠次郎」(1879-1940)氏は、治療所を東京の信濃町に持ちながら、様々な地方を回って靈氣の普及に努めました。
1945年日本が敗戦し、連合国の占領政策に晒されると、それまで行われていた代替療法は、GHQによって非科学的であると見なされ、そのほとんどが廃止され、姿を消しました。臼井靈氣療法も同様です。
今日、日本で主流とされる「レイキ」は、「林忠次郎」氏から靈氣を教わった、ハワイ在住高田ハワヨ日系二世の「高田ハワヨ」(1900-1980)女史が戦後世界中に「靈氣」を広めたもので、いわば日本に逆輸入されたものです。
今日の「レイキ」は、簡単なヒーリングや癒しを含めていろいろな用途で使われていますが、当時の「靈氣」の目的は治療だったのです。

現在、海外での「レイキ」使用者は推定で600万人以上と言われています(アメリカ・ドイツ・イギリス・カナダで各100万人、日本での使用者は5万人程度)。代替療法の盛んなイギリスでは、ロンドンなどで“Reiki Healing”の看板が多く見られます。米国の国立補完代替医療センターでも、レイキは有望な代替療法の一つとして研究されています。米国では、病院や施設でも、実際にレイキを導入し、医療保険適用の対象としています。

当院、氣の療法は、レイキ(靈氣)療法ではありません。

なぜ、痛みが緩和、症状改善されるのか?

なぜ、 「手当て療法」で痛みが緩和、症状改善されるのか、その理由については諸説あります。
現代科学による説明あるものとして、下記書籍を挙げておきます。

エネルギー医学の原理エネルギー医学の原理
ジェームズ・オシュマン (著), 帯津 良一 (翻訳)
つまりは、エネルギー療法のセラピストたちの手からは、特定振動の周波数と強さの磁気が発せられており、その振動・磁気については、骨・神経・皮膚・毛細血管・靭帯といった各器官の損傷を修復・促進するということです。

なぜ、遠隔治療が可能なのか?

「手当て療法」は、一種の振動(波動)療法であり、遠隔治療が可能です。

なぜ、遠隔による治療が可能なのか?
現代科学では、その説明や実証は難しいのですが、下記書籍を推薦しておきます。

フィールドフィールド 響き合う・生命・意識・宇宙
リン・マクタガート(著), Lynne McTaggart (原著), 野中 浩一 (翻訳)
つまりは、「ゼロ・ポイント・フィールドZPF」という、宇宙の力の源となる量子真空があり、あらゆる存在は、時空を超えて、ZPFでつながっているとする。 意識とは量子コヒーレントな光であり、細胞内の微小管を介して共鳴する。