チェルノブイリ症候群の特徴

放射能汚染マップ現在、医師によって福島の小児甲状腺がんの発生率は「チェルノブイリと同じかそれ以上の恐れがある」と指摘されています。それが本当ならば、チェルノブイリで実際に起きたことは、福島でも起き得るといえるでしょう。

下記の表は、「チェルノブイリ」で実際に起きた、環境中に放射性物質が拡散したことによる外部及び内部被曝の主な身体的症状(チェルノブイリ症候群)です。 その特徴として、@全体的な抵抗力の低下により様々な症状が起こってくる、A持病が悪化する、B血液検査で異常がでてこない、C市販の対処療法的な薬が効かない、D放射線量の高い低いに関係性が見いだせない、などが挙げられます。

部位等
症   状

頭痛、めまい、ぼうっとする、考えがまとまらない、ハイになる、うつになる、計算ができなくなる、二世に於いては少し知性に異常がでる、ノイローゼ、癲癇(てんかん)

粘膜

目・鼻・口・喉・声帯・性器関連の炎症が繰り返される、 目は子供にも白内障がのちのち増える、声帯が痛んで声がでなくなる、繰り返し及び多発する口内炎、線量の高い低いや子供大人に関わらずにでる鼻血或いは異常な色の鼻水、歯茎からの出血、虫歯の悪化

咳で色のついた痰が止まらない、空咳、風邪と違う或いは繰り返す風邪、風邪が治らず気管支炎や肺炎を繰り返し入退院するようになる、喘息になる、子供は特に肺炎にかかりやすくなる

疲労感

突然襲ってくる、身体がだるいことが続く、眠くて仕方がない、立っていられない、子供の場合はゴロゴロしている、今まで感じたことのないだるさ(※「原爆ぶらぶら病」にとてもよく似ている)

脱毛

徐々に抜ける場合もある

腎臓

夜中に腰の上辺り特に腎臓の辺りに激痛が走るようになる、腎臓炎・膀胱炎など、おねしょ

中耳炎を繰り返すようになる

皮膚

アレルギー症状の悪化、手の皮が剥ける、傷が治りにくい、ヘルペス、皮膚が弱くなる

心臓

大人も子供も心臓が痛くなる、病院に行って心電図をとってもらうが異常がでない、夜中に踏まれたように胸が痛くなる、血圧異常が大人にも子供にも起こる、息が切れるようになる、パタンと倒れる、老若にかかわらず突然死

関節・骨

関節痛或いは骨の痛み、骨の異常

女性特有

生理不順、出血異常、女性器に関するトラブル、乳がんなどの増加

甲状腺

甲状腺の異常や腫れ

リンパ

リンパ節の腫れ(特に首や脇の下)

出産

出産の異常、分娩の異常、出生率と死亡率の逆転(特に汚染地域)

その他

発熱など、神経反応の異常、ホルモンの異常、内分泌の異常

参考URL:チェルノブイリへのかけはし

※原爆ぶらぶら病:体力・抵抗力が弱く、疲れやすい、身体がだるい、などの訴えが続き、人並みに働けないためにまともな職業につけない、病気にかかりやすく、かかると重症化する率が高いなどの傾向をもつとされる。

癌(がん)は、あくまでも最終段階であり、その間に無数の段階、症状・病気があるのです。皮膚の発赤や鼻血・のどの痛みなどは放射能被曝による初期症状に過ぎず、体の様々な不調や病気、そして記憶力の低下までもが放射能の影響で起こります。一般的な癌の発症は約20年ほどですが、白血病や子供の癌に至っては6年ほどで症状が表に出てきます

放射線被曝は、DNAを損傷し、その晩発性障害として悪性腫瘍(癌・白血病・悪性リンパ種など)を発生させますが、そうだとすれば、その対策としては必然的に「癌」の予防や治療と同じ方法で良いと考えられます。すなわち、放射線障害の対策は、細胞内の活性酸素を除去し、DNAの修復酵素の働きを助けるような食生活をし、悪性化した細胞を破壊できるような免疫系を高めておくということになります。

具体的には次のようなことが勧められます。
1. 玄米食、味噌、わかめを食べる。砂糖は禁止、菓子類は控える。
2. 体質を弱アルカリ性に保って、活性酸素の悪影響を抑える。
→柑橘系の果物を食間に食べる。
→体を酸化させる豚肉、牛肉、揚げ物を避ける。
野菜・魚→海産物を主に食べる(基準値を超える放射能を含む海産物は避ける)
3. DNAの修復酵素の働きを増す食事を心掛ける。
→葉物の緑野菜をたくさん食べる(放射線から身を守るための酵素を豊富に含んでいる)
→オオバコのお茶を服用、また生アーモンドを食べる(癌細胞の物質周波数と逆波形の物質周波数を持っている)
4. 毒素排泄を心がけ、免疫系を維持する。
5. その他、体力を増進するための食事や運動、サプリメントなども重要。

年間の被曝許容線量は1ミリシーベルトと言われていますが、これはあくまでも外部被曝の基準です。内部被曝はその中に入っていません。内部被曝は外部被曝の600倍の影響があるといわれています。したがって、食物摂取による内部被曝についてはかなりの注意が必要となるのです。