慢性腰痛の原因(腰痛の分類)

.
.
.

1. 椎骨変位症
:下胸部ないし腰部の椎骨変位が因子となって痛みを発生

2. 脊柱角度変弯症
:腰椎部ならびに胸椎部が前弯、後弯、側弯、鉛筆状を発呈して痛みを発生

3. 腰筋膜症
:腰部の筋肉の膜が行動の過負荷を受けて炎症を起こして痛みを発生

4. 腸腰筋症
:腸腰筋の痙攣によって痛みを発生

5. 椎間板ヘルニア症
:椎骨の強度の変位の影響を受け椎間板が正常な位置から脱出することによって痛みを発生

6. 仙腸関節変位症
:仙腸関節が正常な位置から移動したために、主に骨盤部に痛みを発生

7. 腸脛靭帯痙攣症
:長時間起立した姿勢の関係から重心側の腸脛靭帯が痙攣を発呈し側弯症を起こして痛みを発生

8. 腰仙変位症
:第5腰椎と仙骨間の変位のために痛みを発生

9. 椎骨過動症
:椎骨を支持している靭帯、筋肉の無力化のため行動時に痛みを発生

10. 妊婦症
:胎児の重量の影響で重心の前方移動を支えるために、腰椎が前弯過になって痛みを発生

11. 黄靭帯肥厚症
:黄靭帯は椎弓間にあって、屈曲、捻転によって緊張を増す。腰椎の支持性や安定性に変化が起きると肥厚して痛みを発生

12. 内臓転位症
:子宮後屈、遊走腎、腎肥大、便秘などに起因して痛みを発生

13. 股脱症
:股関節の移動によって、骨盤が前傾し、これの代償として腰椎の前弯が増して痛みを発生

14. 脊椎分離症
:上関節突起と下関節突起が分離して痛みを発生

15. 辷出症(すべり出し症)
:脊椎が分離したため、分離椎骨とともに上位の椎骨が前方に移動して痛みを発生

16. 粗鬆症
:椎骨の石灰分が脱出し、椎体の支持性が減退して腰が曲がって痛みを発生

17. 関節形成症
:棘突起が接触し、接触局所に関節を形成し痛みを発生

18. 棘間靭帯断裂症
:棘間靭帯が断裂したため痛みを発生

19. 変形症
:椎体に贅骨(ぜいこつ)ができて痛みを発生

20. 変形股関節症
:股関節に贅骨が生じて腰に痛みを発生

21.脊柱管狭窄症
:脊柱管が狭くなることにより神経組織が圧迫されて痛みを発生