子宮頸がんワクチンの危険性

(子宮頸がんワクチンに効果なし)
厚生労働省が「子宮頸がんワクチン」に効果がない事を認めています。委員会質疑の模様(2013.3.28)をご覧下さい。

子宮頸がんワクチン日本で現在、認可接種されている子宮頸がんワクチンは、「ガーダシル」と「サーバリックス」の2種類。どちらも、16型と18型のHPV(ヒトパピローマウイルス)に対するワクチンです。
ここで委員会質疑を見てもらうと、日本人の一般女性でHPVの16型に感染している人は0.5%、18型に感染している人は0.2%だと厚労省が発言しています。つまり、99.5%の人は感染していないウイルスのためのワクチンだったのです。
副反応については、インフルエンザワクチンに比べて、サーバリックスは38倍、そのうち重篤な副反応は52倍、ガーダシルは26倍、そのうち重篤な副反応は24倍も多いとされます。
また、子宮頸がんについても、HPVは性活動のある女性の50%は感染し、感染しても90%以上は自然に排泄されると認めています。その上、適切に治療すれば治癒率はおおむね100%と発言されています。
99.5%の人が感染していないタイプのウイルスに対して、インフルエンザワクチンの何十倍もの副反応が出るワクチンを打つわけで、その対象はというと、小学校6年生から中学生・高校生という10代の若い女の子になるのです。

(子宮頚がんワクチンによる副反応映像)
ビデオをご覧下さい。

(副反応による失神及び死亡記事)
・子宮頸がんの予防ワクチン接種後、失神した例が、過去2年余りの間に国内で567件報告されていることが27日、厚生労働省のまとめで分かった。注射に伴う痛みや恐怖心が原因とみられる。同省は失神によってけがする場合もあるとして、接種後30分間はなるべく立ち上がらないなど注意を呼びかけている。子宮頸がん予防ワクチンの接種は、中1から高1の女子を対象に2009年12月から始まった。今年3月までに、推定284万人(計約686万回分)が接種し、「気が遠くなる」など症状がでたのが812件。うち約7割が失神だった。同省は、症状は注射の痛みや恐怖によって神経が防御反応を起こす「迷走神経反射」で、ワクチンそのものとは無関係とみている。(2012.06.28読売新聞)
・2007年、オーストリアで19歳の女性、続くドイツで18歳の女性が、米・メルク社の「ガーダシル」接種後に死亡。
・2009年、イギリスでグラクソ・スミスクライン社の「サーバリックス」の接種直後に14歳の少女が死亡。
・メルク社の「ガーダシル」接種後の死亡報告が20件以上あることを伝える。(2009.08.19米・ニューヨークタイムズ)
・子宮頸がんワクチン接種後、7日以内の死亡が、アメリカで32件報告されていると伝える。(2009.10.01英・ガーディアン紙)
これら死亡例は、製薬会社の調査やニュース報道では、いずれもワクチンと無関係であるとしていますが、すべて接種後に起きています。

(子宮頸がんワクチンの目的)
ここまでで、子宮頸がんワクチンに効果がないこと、重篤な副反応を起こす例があることも分かりました。では、なぜワクチン接種を中止にしないのでしょうか?
それは、ワクチン接種は、表向き病気予防のためにありますが、その裏には@ワクチンビジネス、Aワクチンによる人口削減策という闇が深く関わっているからです。

@ワクチンビジネス
これは製薬会社の金儲け、医者の利権、官僚の天下りという三位一体によるもので、今更説明の必要もないでしょう。
Aワクチンによる人口削減策
子宮頸がんワクチンには永久的に不妊にする「スクワリン」という物質が含まれているとされます。こちらをご覧下さい(ワクチンによる人口削減(医師リマ・レイボー博士)。